染めの行程 (2) 染め【旗の制作工程】

新年あけましておめでとうございます。

それでは早速、
昨年末から追ってご紹介しています、優勝旗の染め工程の続きをご紹介いたします。

糸目を置いて一晩たち、その部分は乾きました。
翌日はノリをおいていきます。

先日ご紹介した「ツツ」を使って
中央から外に向かって、順々においていきます。

  • まずはワシの爪と口ばしに金茶色の色のりを塗り
  • 次はワシ全体が染まらないように防染のり・・・
    (ワシの色は染め終えてから、つけていきます)
  • 月桂樹の緑
  • 「優」「勝」の文字、高野連マークの赤の順番で塗っていきます。
染めの行程 (2) 染め【旗の制作工程】:平岡旗製造株式会社

染めの行程 (2) 染め【旗の制作工程】

染めの行程 (2) 染め【旗の制作工程】

それでは、いったん挽粉(ひっこ)をまぶしてノリを乾燥させます。

染めの行程 (2) 染め【旗の制作工程】

職人の技をぜひご覧ください。

上下文字が染まらないように、防染のりで伏せていき

のりを全面に置けたら挽粉(ひっこ)を施し、この日の作業は終了!

一晩寝かせ、明日はフノリを挽く作業ですので、本日はここでおしまい。

それでは、本年もどうぞよろしくお願い致します。