「大優勝旗(軟式)」ができるまで (2)手刺繍 【旗の制作工程】

生地は染めあがりましたので、次は刺繍の工程です。

今回のワシは「手刺繍」で表現します。

ミシン刺繍と比べますと、大きく盛り上がっているのが特徴です。

使う糸はもちろん本金糸。これから30年、50年金の輝きを保ち続けられるのが本金糸の本金糸たる所以。

今回は3人でパーツごとに刺繍しています。

こちらはクチバシから首の部分。最もベテランの方が担当。

拡大すると↓

上に見えているのは羽根の部分。金糸を乗せる前の「肉」の状態です。

↓こちらは羽根。順に肉の上から刺繍しているのがわかりますね。

刺繍が出来上がるのが5月末~6月中旬の予定です。

どんな風に仕上がるのか、今から楽しみでなりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です