【作業風景】手染めのれん作成  錦・川政さま

錦市場の川政さんの暖簾を作らせていただきました。

四季の京野菜を扱っておられる会社さんですので、ワンポイントで四季の野菜を入れたデザインを提案しました。
(春はタケノコ、夏は賀茂ナス、秋は松茸、冬は聖護院かぶ)

今回はのれんの製造工程を紹介します。

1.まずは型を作ります。

2.型を使って、生地にのり置き。
 
 元々白い生地を染めます。
  白く残すところを防染糊で伏せます。

3.刷毛(はけ)を使って手で染めます。

染料はこんな感じ。
「染料置き場がキレイに整っているところが、腕のいい染工場だからな」と、昔、教えてもらいました。

4.乾燥中。
「伸子(しんし)」を使って生地をピンと張ります。

5.蒸し釜で蒸して、色を固着させて水元。
(洗濯して余計な染料や防染糊を落とします)

6.乾燥

7.ミシンで縫製し、アイロンをあてて、完成です。

喜びの暖簾となりますように。