草野球の冠頭綬をおまとめ(夏の甲子園仕様)【神奈川県】

横浜野球連盟さまの冠頭綬のおまとめをさせて頂きました。
横浜野球連盟のHPによりますと、少年野球からシニア・国体まで、横浜市の軟式野球全般の運営をされている連盟です。

当店ブログ 新聞記事(甲子園優勝旗の冠頭綬まとめ)と、冠頭綬まとめ(ある高校の体育祭)の2つをご覧くださり、連絡を頂いたのが1月26日のこと。
夏の甲子園の冠頭綬と同じように冠頭綬をまとめたい。とのご要望でした。


まずは原稿作成!冠頭綬の書体は楷書体

冠頭綬の書体は一般的に「楷書体」を使用しています。
楷書体と言いましてもPCで使える楷書体は2種類ありまして、
A:PCに最初から入っている楷書体。→ポップすぎて旗や冠頭綬などには不向きです。
B:有料版の楷書体→カチッとして品格のあり、旗や冠頭綬に使われます。
C:職人さんの手書きの楷書体→今回は割愛

冠頭綬にはカチっとした楷書体が合いますので、今回はBの楷書体を使いました。

冠頭綬のように縦書きの場合は、英字の中心線が揃わないことが多々あります。
入社したての頃はそれに違和感を感じていたのですが、私、徐々に「縦書きの英字の中心線は揃わないもの」と思い込んでおりました。
今回はお客様からご指摘をいただき中心線を調整しましたが、お客様から指摘されているようではダメですね。

アルファベットの中心線がバラバラ
中心線がそろいました。

染め方は昇華転写加工

原稿が出来ますと染めに入ります。

今回は細かい文字がたくさん並んでいるため、両面転写加工を行いました。裏面は裏文字になるよう加工していきます。

この生地(テトロンツイル)は片面のみの転写加工をしても裏面まで通ってしまいますので、両面別文字のものには向きません。

(※ご参考 両面別文字↑の冠頭綬です。こちらの記事をご参照)

お仕立てをし、完成。製作期間は2週間ほどでした。


甲子園の冠頭綬の色を再現

毎年、夏の甲子園の冠頭綬を納めさせておりますので、

甲子園の冠頭綬の色は熟知しております。

甲子園のペナントの色との比較

↑甲子園のペナントの色との比較。今回も遜色なく染めることができました!

これが出来るのは当店だけ。

冠頭綬の製作は京都・平岡旗製造株式会社にお任せください。

「冠頭綬(夏の甲子園仕様)」は京都・平岡旗製造にお任せください。

毎年、夏の甲子園の冠頭綬を納めさせて頂いておりますので、この冠頭綬のことは誰よりもわかっております。

色までピッタリ同じに出来るのは当店だけ。

=============================

お問い合わせはコチラ↓

お問い合わせフォーム

または075-221-1500までお電話ください。

=============================